• 施工実例&お客様の声
  • 施工実例&お客様の声
月々6万円台から叶う圧倒的性能×ハイデザインの家

Model House

展示場のご案内

058-372-7503

各務原展示場

青空リビングのあるリアルサイズモデルハウス

各務原展示場

青空リビングがある子育て充実のリアルサイズモデルハウス

000-0000-0000
来場予約
桧家住宅とお客様とのお約束

桧家住宅は一切押し売りはせず、
お客様のご要望をお伺いし丁寧に
ご案内させて頂きます。

キッズスペースも完備しておりますので
子供連れのお客様も
安心してご来場ください。

Lineup

商品ラインナップ

スマート・ワン
スマート・ワン カスタム
スマート・ワン
スマート・ワン カスタム

Hinokiya

桧家住宅について

桧家住宅の強み
スマート・ワン カスタム
スマート・ワン
スマート・ワン カスタム
スマート・ワン
スマート・ワン カスタム
スマート・ワン
スマート・ワン カスタム

Blog

ブログ

2021.09.23

【第3回】住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと

こんにちは!桧家住宅 各務原展示場 松久です!   今回も【住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと】についてお話したいと思います。 第3回目は、家計の三つの問題点についてです。   <住宅を建てる前にまずは家計の健全化をしましょう>   大体の方は家計に3つの問題点があると言われています。   ① 浪費傾向         お金がたまる人、またそうでない人の違いは何でしょうか? 年収の多い少ない?性格の違い?  確かにそれもあるかもしれませんが、違いは“考え方の差”にあります。   お金がたまらない人の考え方は、【収入-支出=貯蓄】 お金がたまる人の考え方は、【収入-貯蓄=残り全部使う】 違いがわかりますでしょうか? 大切なのは決めなければいけないのは何に使うかではなく、「いくら貯蓄するか」をまず決める事です。年収の15%は老後の為の貯蓄額と言われています。     例えば、年収500万未満の人なら、貯蓄15%+当てることができる限界は住宅ローンおおよそ30%=計45%は確保し、残り55%は全て使う。   年収500万以上の人なら、貯蓄15%+当てることができる限界は住宅ローンおおよそ35%=計50%を確保し、残り50%は全て使う。 数字で表すと、     となります。 これが理想的なお金の使い道です。       ② 車の買い方         二つ目は車の買い方です。 マイカーを買われる時皆さんはどうやって購入しますか? もちろん現金で一括購入!!と行けば一番いいのですがここではやはりローンを組む方も見えると思います。 ただ自動車ローンを組むことで、住宅ローンが組めなくなる場合もあるので ご注意ください。 一番いいのは車は現金で、住宅はローンでがベストです。   ここで、自動車ローンがある場合とない場合を比較してみます。 先ほどもお伝えしましたが、年収500万以上で35%、500万以下で30%の返済割合とします。   ○返済期間:35年 ○金利:年率1.3% ○返済方法:元利均等返済、ボーナス返済なし   年収500万     年収600万     どうでしょうか。自動車ローンに月々3万円かけているだけでもこれだけの借入可能額のさがでることがわかると思います。これは、自動車ローン以外に借入がある場合も同様になります。自動車ローンがある場合は完済後に住宅ローンを申し込むことが望ましいと言われています。何かのローンを組む際は、住宅ローンへの影響を考慮した上で計画をしていくことをお勧めします。        ③ 生命保険の掛け過ぎ、掛け間違い   生命保険(個人年金保険を含む)に加入している世帯が、1年間に支払っている保険料の平均金額は、2018年では38.2万円でした。1ヵ月あたりに換算すると約3.2万円です(2018年、生命保険文化センター調べ)。 あなたのところと比べていかが ですか? 詳しくは保険の一つひとつを見ないと正確なことは言えませんが 保険の掛け過ぎ、掛け間違いが無ければOKですが、 家づくりを考えるためにも一度確かめるのも損にはならないと思います。           このように上記3つの項目を見直すだけでも今まで以上の貯金が出来るはずです。 これまでの生活を崩さずにローンを組むためにも一度見直すことをお勧めします。       次回はいよいよ最終回、住宅ローンについてお送りいたします。  

2021.09.19

【第2回】住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと

こんにちは!桧家住宅 各務原展示場 松久です!   今回も【住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと】についてお話したいと思います。 第2回目は「住宅ローンの組み方と家賃」についてです。     家賃と住宅ローンの差から、住宅ローンを組む際に判断基準とするものについてお話します。 これらは、間違った認識をしている方が多いので、ぜひ参考にしてほしいと思います。   <賃貸と住宅ローンの支払いは同じぐらいでいい?> 「アパートなどの賃貸の家賃と同じ程度の返済ならOKかも・・・」 と今まで払っていた家賃の金額を、ローンを組む時の基準にする方がいますがはたしてその考え方でいいのでしょうか?   家賃と住宅ローンは、根本的に全く違う性質です。 家賃が8万円のアパートと8万円の住宅ローンは同じではないという事です。 つまり家賃を基準にローンを組むのはお勧めしません!ということになります。   それぞれの特徴について説明していきます。   【家賃】 家賃はアパートの築年数や構造体、それ以上に人気のある場所、ない場所によっても金額が大きく変わります。 つまり、家賃は需要と供給のバランスによって影響を受け、定められていることが多いのです。 更に、そこには金利の影響は受けません。         【住宅ローン】 住宅ローンの8万円の中身は、言葉は悪いですが金利の塊です。 同じ8万円でも金利によっては元金3万円、金利分5万円(返済当初)という事もあります。 金利によって月々の返済金額は変わらなくても返済期間や返済合計金額は大きく変わってきます。       金利が下がる時はいいですが、もし上がっていくとしたら、「返済する→元金減る→金利が上がる…」この繰り返しで金利を払うことで精一杯で、借金が減らない可能性もあります。 金利というのは現在の経済状況では予想することが難しく、今よりも金利が下がるタイミングを狙うというのは難しくなっています。   これが家賃との大きな違いです。     では何を基準に住宅ローンの支払金額を決めたらいいのか? ズバリ“年返済比率”です。 【年返済比率とは?】 サラリーマンの方なら年末に会社から貰える「源泉徴収票」、 商売をされてみえる方だったら「確定申告用紙」の 中の一番大きな金額のところ「支払金額」がいわゆる「年収合計」です。 この「合計年収」と比較して年間返済金額が 何%なのかというのが「年返済比率」です。    一般に年収500万円未満の方で30%、 500万円以上の方でも35%の0.1%でも超えたら「借り過ぎ」という事です。  逆にそれ以内であれば借りてもいい上限金額と理解して下さい。     しかし、年収500万円の方の30%というと150万円、 月々にすると12万5,000円を返済に充てなければいけないということになります。結構な金額ですよね!! とてもそんな金額は払えないと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?   ここで忘れないでほしいのは「貸してくれる金額と借りても良い金額は別」という事です。       この日本で4人家族が人並みの教育を子ども2人に受けさせて生活できる上限が30%というのです。 この返済が出来ない人は、住宅ローンを組む組まないは別として、家計に問題があると言われています。 そんな状態の家計で住宅ローンを組んでしまうと家計は崩壊します。 そうならない為には年返済比率を出して、ローンを支払っていける家計を目指しましょう。   「家計の健全化がまず最初の一歩」です。   私も最近「お金の大学」という本を読みましたが、月々の出費について見直せるポイントについてわかりやすく記載しており、すぐに実行したいものばかりでした。   次回は、それに関連するところもあるかと思いますが「家計のどこに問題があるのか」についてお話ししようと思います。  

2021.09.09

【第1回】住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと

こんにちは!桧家住宅 各務原展示場 松久です!   今回から4回連載で、【住宅を建てる前に絶対知っておいてほしいこと】についてお話したいと思います。   住宅を建てた人の常識が、建てたことがない人には非常識になることが多々あります。 これは伝えきれていない、建築側の責任ではないでしょうか? 桧家住宅では、しっかりと事前に家に関することは完璧にお伝えしています。   ということで、今回は第1回目【人生最大の買い物は一体何?】についてお話したいと思います。       人生最大のお買物と言われる【住宅取得】ですが、果たして本当にそうでしょうか?   実は、人生最大の買い物は【住宅】ではなく、【住宅ローン】なんです! 確かにとても高額な買い物には違いありません。   しかし、2000万、3000万円もしくはそれ以上のお金を実際出して買われる方はほんの一握りです。 つまりキャッシュで買われる方は1割程度の方しかいないのです。   その1割の方にとっては間違いなく一番高い買い物と言えるでしょうが、ほとんどの方は住宅ローンを組みます。 その方たちにとって一番の高い買い物は【住宅】ではなく【住宅ローン】なのです。   お金が有・無の話をしているのではなく、 生活を守るためにローンを利用した方がお得だと言いたいのです。    ではここで、住宅ローンを組むにあたって(1)頭金をつくらず今すぐに借りた方 (2)5年後に頭金500万円(1年で100万円貯金×5)を貯めて買った方 2つではどのように支払額が変わっていくのかについて簡単にご説明いたします。 ※金利の変動や税率についての影響は抜いて考えます。     どうでしょうか? 5年で500万貯めたとしても、その5年間にかかる家賃などがあります。   それを踏まえて考えていくと頭金を貯めるまで家づくりを考えるというのはかえって費用が掛かってしまう可能性もあります。   むしろ、頭金を確保する余裕があるのでしたら、繰り上げ返済をうまく利用することで総返済額をより抑えることができるかもしれません。   住宅のことを学ばれる方は沢山いますが、 住宅ローンの勉強は、「銀行さん・建築任せ!」という方が多いのではありませんか?   住宅ローンを組んだ時には ①苦しまない②貯蓄が増える③教育資金も必要④楽しく生活したい などたくさんの願望はありますが「住宅ローンの為に我慢したくない!!」が一番の本音でしょう。   これは、頭金がなくてもローンを組んだ方が良いという話ではなく、住宅ローンを組んでもこれまでの生活を崩さずにいられることが大切です。   住宅ローンを組んでも、【生活を今以上に暮らせる方法】を共に見つけていきましょう。   次回は【住宅ローンの組み方と家賃】についてお送りします。    
もっとブログを見る

Model House

展示場のご案内

桧家住宅 各務原展示場

〒504-0843
岐阜県各務原市蘇原青雲町3丁目41-1
岐阜ハウジングギャラリー各務原展示場内
058-372-7503

青空リビングのあるリアルサイズモデルハウス